バラナシのサンカトモーチャンテンプル(ハヌマーンテンプル)を参拝してきました。

2月1日、昨日は夕方にハヌマーンを祀っているサンカトモーチャンテンプルを参拝しました。

エントランスでは厳重に荷物検査がありカメラなどは荷物箱へ預けないといけないので、残念ながら写真はありません。

面白いのが入ると敷地内は猿園!?かと思うほど猿の群れが暮らしています。

ハヌマーンの保護のもと、ここでは特に猿に対して手あげる人がいないからでしょうか。(笑)

とても大きなハヌマーンの神像を中心に大きな寺院と大きな敷地。

ここでは、多くのヒンドゥースタニの人々が熱心に礼拝しています。

また、多くの人がハヌマーンチャリサを詠唱しています。

僕もひとしきり詠唱を済ませ、心を込めて礼拝をしてきました。

どうかハヌマーン神のようにあれます様に。

ラーマーヤナ及び、ハヌマーンの物語はどこをとっても非常に感動的で学びが多いです。

これからもずっと学び続けることができますように。

最後にサンカトモーチャンテンプルについてのお話を。

以前、HeartGathering***のHPにもUPした記事です。

**********

聖者の物語『トゥルシーダス』①

 1574年~76年の約2年間の間にサンスクリット語で綴られた叙事詩ラーマーヤナをありったけの献身愛を詰め込んで、ヒンディー語に書き直した聖人であり詩人であるトゥルシーダス。

 そのトゥルシーダスがラーマーヤナを書き始める前に、ハヌマーンとラーマ様の念願のダルシャン(神様を見る事)を叶えたエピソードが残されています。

 ある日トゥルシーダスが、枯れた木に水をやりプージャ(儀式)をしていると、目の前に精霊が現われました。

 トゥルシーダスはとっさに、 「自身の目でラーマ様のダルシャンの機会を頂けますように。」 と願い出ました。

その精霊は、 「それは私の力を超えた願いであるゆえ、私には叶えてやることができない。しかし、その願いはハヌマーンによって叶えられるだろう。」

と言いました。そして、

「ハヌマーンはハンセン病患者を装って、毎日あなたのカタ(ラーマーヤナ物語の詠唱)を聴きにくるであろう。 一番始めにあなたの集会に来て、一番最後に立ち去る者がいます。その者こそがハヌマーンです。」 と予言しました。

 その夜、一番始めに来たハンセン病患者が、集まりの一番後ろにちょこんと座るのをトゥルシーダスは確認しました。

 カタが終わり、その患者が森へ帰るので、トゥルシーダスは後をついて行きました。

 そして、森の中でトゥルシーダスは彼の御足に礼拝を捧げながら、倒れこむようにして叫びました。

「私はあなたが何者か知っています!」

 ハンセン病患者は答えます。 「何のことかね? わしはただのハンセン病患者じゃ! 構わんでくれ!」

 トゥルシーダスは負けじと、 「いいえ!どうか待ってください!あなたは私から逃れられません!」

  無知を装ったハンセン病患者でしたが、トゥルシーダスは譲りませんでした。

 そして、彼はハヌマーン本来の姿へと戻り、トゥルシーダスに祝福を与え、彼は初めて、待望のハヌマーンのダルシャンを授かったのでした。

 トゥルシーダスのラーマ様のダルシャンへの強烈な願いをハヌマーンが聞き入れ、 「ラーマ様のダルシャンは聖地チトラクータで達せられるだろう。」 と予言したのでした。

 予言を聞いたトゥルシーダスは、急いでチトラクータへと向かったのでした。

(続く)

※ 今回のハヌマーン神のダルシャンがあった場所は、バラーナスのトゥルシーガートから徒歩15分ほどの位置にある場所で、今はとても大きなハヌマーン像がある「サンカトモーチャンテンプル」として盛大に祀られています。

 毎年、4月頃の満月のハヌマーンジャヤンティ(ハヌマーン生誕日)では5日間に渡る北インド古典音楽祭を朝まで夜通しで行います。

 この祭典では、インド国内の最高峰の音楽家達が奉納演奏し、地元と世界中の人々とともに終始熱狂的なムードで信仰を捧げます。

(文・gumi)

その他のトゥルシーダスの物語はこちら

カテゴリー別
Recent Posts
Archive