歌うときにも。行き詰まるときにも。京都Heart* 1/14

京都HeartGathering *が1月14日に行われました。

サットサンは90分中、あらすじで僕が60分ぐらい話すっていう。。

まあ、関東でもどこだって同じようにやはりあらすじは長め。。

ここ、新しい人も来てくださるし、正直なかなかバランスが難しいんです。

この事は、tiko*ちゃんとは念入りに打ち合わせをしていて、あらすじやそれまでの流れを何度も丁寧に汲んで、サットサン本編で触れる所は1日の中で多くなくても、焦らずゆっくり、みんなが味わって消化しながら進めるペースでいこうと確認しあってるんですね。

登場人物が多いラーマヤナを、頭で覚える/考えるっていうところじゃ無くて、「面白い!感動する!好き!」とナチュラルに入っていくようなお手伝いをできたらな。と。

キールタン。

好きになったんだったら、そのマントラの神様の美しいストーリーも心ゆくまで味わって欲しい。

それはまた思いがけない循環があると思うんです。

歌う時にも。

行き詰まる時も。

素晴らしいですよ。

一万年のストーリーが、確かな熱を持って語り、讃えあいながら、今も愛され歌われ続けているんですから。

また、気軽にきてくださいね。

リード奏者自身が涙でいっぱいなった愛ちゃん。

BhogiYogiAnandaの皆さん、音によって生の厳しさ楽しさを深く深く探求させて頂きました。

僕らは、、またまた人が多いですね。。

ヒロさんのビーナやりえちゃんの舞、シュウちゃんやビレッジのたっちゃんのパーカッションと新しい音や表現が加わって見つかる新しい自分自身。