ハンディキャップの方々とのヨガとキールタン

※記事中の写真は、施設さんから頂いた公開OKがでたものです。

週末は大阪のわらしべ園さんという施設での「手と手をつなごうヨガ祭り」にキールタンやバーンスリー演奏で参加させて頂きました。

初めて参加させて頂いた施設なので、今でも把握できていない事が少しありますが、少しだけ書いてみようと思います。

こちらの施設では、生活ヨガ研究所の珠数さんやそのお仲間講師の方々が毎月、こちらでヨガをシェアされており、こういったお祭りは3回目だそう。

触れ合ってみないことには、正直、何がしっくりくるか分からないなーと思っていたので、実際、はじまるまでずっとドキドキ。

始まりの時刻、なんと司会者は利用者さん自身で!

何名かにマイクを渡し、わらしべ園さんらしくスタート!!

正直、びっくりです。スタッフの方は後方支援のみ。

聞けば、なんと、実行委員さんも利用者さんで、一つ屋根の下の暮らしの中、たぶん、ずっと前から打ち合わせとリハーサルを繰り返したんだと思います。

こんな、待ちに待った素晴らしいイベントだなんて。しみじみ。

晴れて良かった。

来れて良かった。

ヨガといっても、皆さん、体の向きを変えるのに一苦労。

そんな状況でも、「一緒に身体を動かすことに喜びを感じている」笑顔はいっぱい!

キールタンもそう。

それぞれが歌える雰囲気で、とにかく声をだしていく。

日本の歌もインドの歌も関係なし。

みんな、声を出すのが好き!

声を出すのも、身体を動かすのも、一人でできない人が多いから、周りの人が立場関係なくサポートし続け、繰り返すうちに、だんだん名前を呼び合い、個性を理解し、心がほぐれ、通じ合う。

感動の一日はあっという間に過ぎて、気づいたら、もう交流会のお茶の時間。

改めて、一人一人とお話しつつ、もう終わりかと思いきや、利用者さんがなんと、全員整列をはじめ何やらサプライズらしきだしものが!?

            (サプライズ?をまっています。(笑))

それはなんと、この日の為に来た僕たちの為にと、利用者さん全員でずっと前から練習してくださった「春よ来い」をスタッフの先生のピアノと一緒に熱唱してくださったのでした。

ドキドキした状態からスタートしたこの日。

終始笑顔で、ずっとあたたかく受け入れ、経験不足の若輩者の僕を支えてくれていたのは、わらしべ園の皆さんたちだ。

身体の支え方すら分からない僕にも、身を預けてくれた。

不安な僕と一緒に大きな声で歌ってくれた。

記念撮影。

終わって、解散なのに、誰も帰らない。

どころか、「また来てね!」「また来てね!」の繰り返しで帰れない。

心が揺れる。

魂が震えてる。

言葉にならない。

音楽やヨガがまたしても素晴らしいご縁をくれた。

声をかけてくれた、渡部愛さんや、珠数さん、ふさこちゃん、マリちゃん、ナポちゃん、ミコちゃん、トモちゃん、イワイマリコちゃん、シマッチ、他、すみません、名前分からないですが子ーちゃんのお母さんや主催の方々。まつもとさん、ちえさん、他、ありがとうございました!

※記事中の写真は、施設さんから頂いた公開OKがでたものです。

さて、今週末はKirtanFes2018主催してます!!是非お越しくださいね!全国から素晴らしい方々が!↓

https://www.gumi-bansuri.com/20181021

カテゴリー別
Recent Posts
Archive