top of page

【死を待つ家、そして、大事な選択。 音の旅03】

まさかのオーストラリアでクリシュナ一色に染まった僕。

なんとなく「神秘」を求めてディジュリドゥを担ぎながらそのままインドへ。

カルカッタショックという言葉があるくらい、超絶に古びた町カルカッタに僕は着いた。

そこには、マザーテレサのボランティア施設があり、4つの施設の中の一つ「死を待つ家」で僕は2週間、奉仕活動を体験させてもらった。

「死を待つ家」はマザーが路上でどのような人でも、「最後に旅立つ時ぐらいは屋根の下で人のやさしさに触れて逝ってもらいたい。」という想いのもとはじまった活動で、実際、お世話をしていても毎日、お世話をしていた人が亡くなっていく、リアルな現場だった。

そこにはどんな宗教の人も平等に運んでこられ、逝くとき逝ってからもその宗教の人として、ネックレスなりその宗派の証を身に着けたまま見送っていた。

世界中の若者たちとともに、小さな頭と経験値で必至で向き合った日々だった。

滞在していたのはパラゴンロッジという日本人宿。

そこで僕は人生最大の、、、ともいえる選択となる出会いを果たす。

2つの日本人グループと出会った。

1つは、マナリという山とゴアというトランス音楽が盛んな場所の行き来を繰り返しながら年中インドにどっぷりいるヒッピーパーティーピープル達。

もう一つは、当時の年齢で同い年ぐらいの(23歳前後)若い人たちで、話をきけばこれからバラナシという聖地に行き、例年と同じく、半年間アパートを借り、住み、インド人の師匠に師事し、北インド古典音楽や舞踊を習うとのこと。

そして、もうこんな生活を18の時から5年も続けているという。

一日の練習は8~10時間はする。と聞いて衝撃を受けた。

さて、初インドの僕は2つのグループが共にとても大きな存在に思えた。

まるで自分は野生人、オーストラリアの中のジャングルから出てきた獣のように思えた。

なんとなく、どちらかについていきたい。いや、ついていく感じだ。その先に、わざわざガイドブックのようなベタなところを巡らなくても、ディープな世界が待っていると感じる。

1日迷った。

手にはディジュリドゥ。

派手で楽しい世界はゴアだ。

地味な音楽修行の道、バラナシ。

ましてや、僕はディジュリドゥを極めたいと思っている。

ただ、極め方をなんとかインドから影響を受けて模索しに来たはずだ。

この音楽修行仲間たちの中に身を置き、楽器は違えど、同じベクトルで積み上げることができたら。。。

自分としては勇気を出した選択だった。

電車の中で独り、ガンジスを想像した。

まるで宇宙的で、混とんとしカオスなイメージ。

戻って来れるのかな?

今から思えば、不安もあったんだろう。

寝台列車で一晩がたち、目の前に広がる景色に驚いた。

ゴアではなく、どこまでも眩しく輝く広大なガンジス、祈りの聖地バラナシに、僕は立っていた。

だが、まだ僕は知らない。

まさか、自分が北インド古典声楽ドゥルパッド界の超異端児、鬼の師、パラブダス師のもと訪れることになるとは。若干23歳。

つづく ※記事の最後に僕の最も好きなマザーの詩を掲載しておきますね!

※この写真のみ台湾の写真家さんYijieWu氏より拝借。

(※上の写真はby Yijie WUの1点以外すべてインターネット上から拝借させて頂きました。ありがとうございます。)

【-rashiku-作品の詳細・ご注文はこちらのページへ】

【-rashiku-想いやこだわり、製作記事はこちらのページへ】

【ダフネ&辻信一先生コメント付き、作品動画】

【-rashiku-CDリリースツアーライブ日程】

9月16日 18:00- @川崎フィオーレの森/ *G u m i Kirtan CD Release Party with y u k a *

9月26日 19:00- @名古屋 薬草labo.棘キールタンcd発売イベント with 海洋ゴミ楽器

10月20日 時間未定 @三重 メロピーヨガ gumiキールタンCDリリースパーティー/ 詳細はまもなくアップ致します。

『あなたの中の最良のものを』

人は不合理、非論理、利己的です

気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行なうと、

利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう

気にすることなく、善を行ないなさい

目的を達しようとするとき

邪魔立てする人に出会うでしょう

気にすることなく、やり遂げなさい

善い行ないをしても、

おそらく次の日には忘れられるでしょう

気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう

気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう

気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう

気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい

けり返されるかもしれません

でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず

結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです

あなたと他の人の間であったことは一度もなかったのです

マザー・テレサ

Comentários


カテゴリー別
Recent Posts
Archive
bottom of page