世界最大級のヨガフェス!に行ってみた!インド・リシケシ編


世界最大級といわれるヨガフェス。

まあ、インドはヨガ発祥の国な訳ですが、良くも悪くもなんでもありのハチャメチャなこの国でこれだけ大規模なヨガフェスが行われているということで、正直「本当に居心地のよいヨガフェスなんだろうか?」「どこまでお祭り騒ぎでどこまで真剣なんだろうか?」「衣食住は!??」など以前から興味と不安は尽きませんでした。

今回、有難いことに奏者として参加させて頂く機会を頂いたので、レポートしてみたいと思います。

※全体的なレポートとなっておりますので、必要に応じて飛ばし読みしてくださいね!

インド・リシケシで毎年行われるInternatinal Yoga Festival 2018(インターナショナルヨガフェスティバル2018)(※以下IYFと表記)。

開催は3月1日~7日までの1週間。

世界中の人たちが集まって、いろんなヨガの在り方を学び、愛と平和を祈り、喜び合いました。

【 どんなところ? 】

 まず、開催地となる場所。

 そこはヨガの聖地と呼ばれるリシケシ。

 やはりヨガを教えているアシュラム(道場)は無数に存在し、IYF開催時期でなくても年中、ヨガの文化が盛んで豊かです。

 リシケシはヒマラヤの麓にあり、ガンジスの水もまだ雪解け直後で冷たく綺麗で、沐浴するにも最高のところなんです。インド人や世界中の巡礼者、旅行者がここに滞在し、またここからヒマラヤの各々の聖地へと出かけていく重要なポイントともなっています。

 ちなみにリシケシは街全体がベジタリアン食なんですよ。どのレストランやアシュラムも肉類は使用していません。

 ここで毎年IYFが開催されている訳ですが、調べたところによると最初の開催は本当に小さなものだったみたいで、1999年が最初の年のようです。

 会場として提供・運営してくださっているのがガンジス沿いに面するラムジュラエリア内のParmath Niketan Ashram。

このアシュラム自体が草木に満ちて、色鮮やかな様々な神々の像が至る所にあり、アシュラムのどこにいてもくつろげるような居心地の良い感じになっています。

 綺麗好きの日本人も安心・快適の施設ですよ!

 参加する人の数はなんと2000人以上、99カ国の人達、80名のプレゼンテーターが参加されたようです。

 これだけの参加国の中で愛されてきたヨガを、それぞれがもった良さをシェアし合う訳ですから、皆さんの受講態度も真剣そのものです。

 また、素晴らしいことにやはり本場インドの先生のクラスや祈りの祭典など、やはりインドならではの文化もここでは十分にクロスオーバーしているところも感動しました。この項は後のアラティと呼ばれる祈りの式典の項で触れてみたいと思います。

 日本からもプレゼンテーターとして、橋本光先生や綿本彰先生が英語で指導されており、尊敬と感心の心でいっぱいになりました。(英語でのクラス!すごい!)

橋本光先生(日本フィットネスヨーガ協会代表)

http://yoga.co.jp/

綿本彰先生(日本ヨーガ瞑想協会 会長・綿本ヨーガスタジオ主宰)

https://yoga.jp/

 僕はアーティスト枠でキールタン歌手のダフネ・ツェと共に有難くもエントリーさせて頂いていました。

 他にも同じ枠で音楽仲間であるジミーさんや田中圭吾さん、ももさん、アリンダムさん、ちこちゃんなんかも一緒で心強く楽しい滞在とさせて頂きました。

【 食事や宿泊施設、現地での金銭感覚 】

 さて、チケットはIYFの公式サイトより事前に通し券を買うようですが、会場のアシュラム内の宿泊施設の利用有り無しなど幾つかの選択ができるようです。

 今回の大きな驚きと感動の一つに、「チェックインを済ませた人は知らないうちにお金の感覚を忘れてしまう。」事です。

 というのは、宿泊施設も込みでチェックインしている人は、大きな敷地のあるこのアシュラム内でお金を全く使わずに過ごすことができます。※チェックインにはオールフリーパスの印となるフェス用のバンドを手首にくくります。

 主なサービスとして書いてみると、

〇どのヨガクラス、講義、式典、スペシャルプログラムもフリーパスとなっているので出入り自由。

〇朝昼夜のビュッフェ式の食事(美味しいですよ!)に加え、お茶やコーヒータイムも提供。

〇至る所にあるミネラルウォーターを汲み放題。

〇Wi-Fiも場内に無料で提供。(が、これは不安定でした。)※近くのカフェにいけばもちろん良好です。

  ↑部屋の種類・サイズもいろいろありますが、本当に快適でしたよ!

 クラスが4、5会場同時に展開される忙しさの中でも、食事時間だけは全ての会場がオフとなり、一斉に2000人の仲間がビュッフェスペースに再集結します。

 ここでまた、同じテーブルに座った異国の人と挨拶を交わしあったり、再会を繰り返しながら、縁もどんどん広がり深まっていくんですね。

 もし、このサービスが無ければ2000人が一気に外出を繰り返し、町中の混乱とクラスのプログラムは滅茶苦茶になってしまうでしょう。

 また、各ヨガクラスは手首のバンドの目印によりフリーエントランスとなっている為、「このクラスは〇〇$払ってでも受けたいな。でも、今日は3つも受けたしな。うーん。」というように、都度悩まなくて良いんですね。このあたりがストレスフリーになっていることは素晴らしいです。

 ゆとりある心でみんなが過ごしているのもそういった細かな運営フローの配慮のおかげだと思います。

 僕も1,2日目はよく分かっていなかったので財布を持ち歩いていましたが、「持ち歩く意味がない=使わない」と確信し、途中からは持ち歩いていませんでした。このようにインドで1週間過ごせること自体、かなりの解放だと個人的には思います。

 そして、それが全体的な仲間意識、つまり何か同じひとつのヨガ村なるものにでも住んで一緒に暮らしている同じ家族のように、皆を感じはじめていたと思います。

 「同じクラスを受けた仲間」「テーブルを囲んだことがある」「見かけたことある」

この程度でも、場内でお互い目が合えばハグしあったり挨拶を交わしたり本当にピースフルな空気ができあがっていました。

 ヨガを話題の中心としつつ、こんなにも簡単に国、人種を超えてシンプルに調和できるものなのかと感動しっぱなしでした。

【 実際、クラスを体験してみて!現地で出会った若干18歳のAyakaさんに伺ってみました! 】

 さて、肝心のクラスの体験レポートなんですが、、、

 ステージまわりの事が多忙すぎて、ひとつも受けることができませんでした。。。

 そこで、現地で出会った若干18歳!マレーシアと日本のハーフのポール綾花さんにクラスの体験レポートをお願いしました!

**ポール綾花さんの記事**

はじめまして、私の名前はポール綾花です!

私は日本人とアメリカ人のハーフでマレーシアに住んでいます。18歳で初めてインドに来ました。

今年リシケシのヨガフェスに来れて最高の経験を楽しむことができて、恵まれているな。と思っています。

ヨガフェスのおかげで、ヨガアーサナの事をもっと学べて、よりヨガを好きになることができました。

私はヨガフェスにいる間クラスをたくさん受講しました。

最初は日本から来たWatamoto Akiraさんのヴィンヤサクラスを受けました。

それから、アメリカから来たグルムクカウルのクンダリニクラスやダフネさんのバクテヨガクラス、中国から来たユジアさんのインヨガクラスやオーストラリアから来たアナフォレストさんとホゼカラウコさんのフォレストヨガクラスやアメリカから来たジュルズフェブレのジバムクテイクラスなどを受けました。

クラスは一つ一つ違って、どれも特別の輝き方がありました。

特に一人一人の先生のエネルギーがとても強くて、教える経験が豊富な素晴らしい先生ばっかりでした。

また、そのおかげで様々なヨガクラスのスタイルを経験することができましたのも良かったです。

たくさんの先生がいて、たくさんの教え方があった事はとても面白かったですし、いろいろなヨガスタイルがあったので、様々なヨガアーサナのことを知ることができ、とても勉強になりました。

先生はいろいろのタイプがいらっしゃって良かったと思いました。

一人は平和のエネルギーをもって、もう一人はギャグを言いながらむずかしいアーサナを指導する先生がいたり。(笑)

あと自分の内側を見つめるために、素晴らしいヘルプをしてくださった先生がいて本当に良かったです。

このようにヨガや先生の多様性の中で、自分の好きなスタイルを見つけるのにとても有用で楽しい経験を出来ました。

もう、私は完全にヨガフェスが創り出す世界観の虜になっちゃいました!

このフェスは私にとって初めてのヨガフェスでした。

世界のいろんなところから来た人と同じスピリチュアルの生き方をしているから話すのがすごく楽しかったです。

このフェスでは何年もヨガをやっている人もいるし、ヨガをそこまでしたこともない人がまじえていていろいろの話を聞くのがとても自分にとって大切の経験でした。

どうやってみんなは自分の練習を続けているのか、どういうことで苦労するのか、こういう経験からくる情報はとても自分の練習を高めてくれました。

みんなと触れ合って、未来のインスピレーションがどんどんやって来ました。

このフェスではクラスがたくさんあるから全て行くのはとてもむずかしいけど、得る経験は本当に素晴らしく、とても大切なものとなっています。

またこのフェスに来てもっと学びたいと思います。

フェスでは自分が歩きたい道のサポートになって本当にいいエネルギーを持っているイベントだと思います。

ヨガが好きな人や気になる人は、一度行って経験する事はとても素晴らしいと思います!